りょうの気ままにブログ

プロではないサッカーを観ていて思うこと

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


普段よく地域で行われるサッカーを観に行きます。

 

大きな全国大会とかではなく、地域で行われているリーグ戦とか。

 

高校サッカーって言うと、高校生、○○高等学校同志が戦う試合と思うかもしれませんが、

正確に言うと、2種18歳以下のカテゴリーです。

 

サッカー協会では4種、3種、2種、大学、社会人といったカテゴリーに分かれています。

 

4種は少年少女、言わゆる小学生年代が対象でU-12とも言われます。

3種は中学生年代でU-15。2種は高校生年代でU-18です。

 

大学は体育会系でサッカー協会に所属したカテゴリー。それ以外は社会人となります。

大学は大学カテゴリーに参加していないチームは社会人のリーグに参加している場合も多々ありますね。

 

こんなアマチュアサッカーオールジャンルで観戦。

 

まぁ、大きな大会になれば入場料とか取られることもありますが、ほとんどタダで観れます。

昔みたいに、キック&ラン的なものは少なくなってきていて、みんな個人技に長けている。

本当にうまい子供たちが増えました。観ていて楽しくなってきます。

 

そんなサッカー観戦の週末を過ごしてる中で、やはりお気に入りのチームがあったりして。

決まったチームを長く観戦していると、その選手の成長が見れたり、我が子のような思いで嬉しく思ったりもします。

 

観られている選手は知らないのに、勝手に好きになって、写真を撮ったり・・・。

ちょっと、ストーカーちっくで怖いかも・・・。笑

 

まぁ、そんな中でやはりチームカラー?伝統?そんなものもあったりします。

 

 

ある小学生高学年の試合を観ているときです。

まさに対照的なチームを観て、面白くもあり、考えさせられることもあり・・・。

 

熱血的なコーチのいる組織的?軍隊のようなチームと選手の自由を尊重したチームの試合。

熱血チームは攻める選手と守る選手を明確に分け、トップ、トップ下、サイドハーフだけで攻め、あとのメンバーは絶対にあがらない。

自由なチームはある程度ポジションは決まってはいるが、選手が好きなように攻めたり、守ったり。

 

どちらが勝ったかと言えば、熱血チーム。

熱血チームの分厚いディフェンスは中々厳しかった・・・。

 

でも、プレー的に観ていて面白かったのは自由なチーム。

小学生高学年レベルだと考えは稚拙かもしれないけど、プロの真似事があったり、みんなで考えていた。

結果にはつながらなかったけど、なぜ負けたのか?どうすれば勝てるのかを考えて練習できれば、この先強くなれると思う。

 

でも、やはり期間限定のチーム。あと何年このチームでできるのか?

勝つ喜びか?育成なのか?

 

熱血チームのシュートを決めたフォワードの親御さんかな?やっぱり嬉しいよね?

やはり点を獲るフォワードは花形。バックは縁の下?

 

バックで必死に守っていた選手だって褒めてあげたい。でも、コーチは彼が攻めあがることを言葉で制していた。

 

「お前は体がでかいんだから、相手のフォワードをつぶせばいいんだよ!」的な。

 

あれ?どっかで聞いたような・・・。

 

 

勝ちたいよ。試合だから。

でも、指導者として選手の成長を応援できるような指導者がもっと増えればいいんだけどね。

 

 

PS

自由なチームはちょっと自由すぎ・・・。

バックいねーじゃん!みたいな。笑

 

結果はご想像にお任せします・・・。笑

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

   未分類

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
スムージー推し

ブラントゥース